Download Japanese Profile in Pdf format

t 

1.  事務所概要    

1.1.   事務所

Venture North Law LimitedVenture North Law又はVN Law)は、ベトナムの法律事務所であり、Nguyen Quang Vu (グエン・クアン・ヴ)弁護士によって創立されました。グエン・クアン・ヴは17年の経験をもつ企業法務専門弁護士です。VN Lawは、ベトナムにおける企業の買収・合併に関する企業法、高度な商法分野において実績の多い専門法律事務所です。当事務所の目標は、効果的且つ創造性に富んだ、クライアントのための法律事務所になることです。この目標を達成するために、スタッフ全員がクライアントのためになるような効果的職場環境及び適切なインセンティブ体制を構築します

1.2.   弁護士

Nguyen Quang Vu, (グエン・クアン・ヴ)マネージングパートナー

VN Lawの法律チームは、グエン・クアン・ヴの指導の下にコンサルティング業務を実施しています。ヴ氏は、企業法務関連のコンサルティングにおいてベトナムでトップ弁護士の一人です。ヴ氏の知識・能力はクライアントとスタッフから高く評価されています。ヴ氏はインターナショナルファイナンシャルローレビューIFLR 1000誌により、財務や企業の分野において2016年度の優秀弁護士、インフラ&エネルギーにおいて2014年・2015年度の優秀弁護士として表彰されました。また、2014年にはAsia Law誌からも、トップ弁護士として表彰されました。また、ヴ氏はイギリスでトップ5に入る法律事務所であるFreshfields Bruckhaus Deringer(ハノイにおける支店)で8年間、ベトナムトップ国内有数の法律事務所であるVILAF6年間、合わせて17年間のコンサルタント経歴があります。それら実績の他に、ベトナムにおける企業法務と実践に関する著作も発行しました。そして、ヴ氏はベトナム企業法務ブログを運営しており、このブログはベトナムでの企業法務に関して唯一の英語版のブログです。

ベトナムで生まれ育ったヴ氏は、ベトナムの法律、文化及びベトナム人のことを深く理解しています。ヴ氏は、イギリス外務省が主催するチーヴニング奨学金(Chevening Scholarship)を受けて、Nottingham大学大学院で国際商業法(international commercial law)の法学修士号を取得し修了しました。また、イギリスにおける生活及び留学の体験及びベトナムトップの国際的法律事務所での仕事経験により、ヴ氏は国際的及び商業的観点からベトナム国内のケースを理解し、クライアントからの依頼に対して創造的なソリューションを提供できます。

ヴ氏は、ハノイ国立大学(Hanoi National University)の経済学部で経済学士号、ハノイ法律大学で法学士号(LLB)、Nottingham大学大学院で法学修士号(LLM)を取得しました。

2.  選択理由 

  経験: 当事務所のパートナーと弁護士は、企業法や商法、企業の買収・合併における豊富な経験を持っており、複雑とチャレンジングな依頼に対してもコンサルティングをした実績が多くあります。当事務所のブログや弁護士スタッフが書いた本を閲覧することにより、私たちのサービス及び実績を検証・評価することができます。

● 創造性: ベトナムの法律明確で、幾つの解釈方法があるとされる場合はよくあります。ベトナムの法律及びルールの潜在意義を把握していなければ、理解が難しく、誤解が生じる可能性があります。ベトナムの法律における深い理解及び豊富な実績により、複雑且つ困難な状況に対して創造的な解決策を提供することができます。また、当事務所もベトナムの法律及び法制度の実践についての書籍出版に力を注ぎ、ベトナムの法律の最新情報、最新問題を正確に把握できるよう尽力しています。

● クライアントサービス: お客様に対して質の高い法律サービスを提供するためには、優秀な法務スキルを持った数人の弁護士を有するだけでは十分ではありません。ハイテクノロジーでグローバルな時代に、法律事務所はお客様の事業活動について知見を持ち、プロジェクト管理能力を有し、お客様に対して期限どおりにリーガルソリューションを提案することのできる法律チームを組織しなければなりません。VN Lawでは、弁護士とパートナーが協働しやすい職場環境を創ること(開放的に方法を共有すること、又はパートナーとの間の親密な相互影響)により、お客様に最高の法務サービスを提供することができます。

● 選択的サービス料金の計算方法:  長い間弁護士費用は通常、(1)弁護士の作業時間と(2)弁護士のアワルレートで計算します。弁護士サービス費用の決定は、弁護士の作業に基づきます。しかし、どのようなケースでもアワルレートが固定したらは、弁護士が効率的に勤務しクライアントと共にリスクを負担したくなくなることを招きかねません。VN Lawでは、クライアントが満足し、業務の効率を反映できるようにするために業務ごとに応じて、異なるアワルレートを提案することができます。また、お客様の要求に応じて、パッケージ費用、または上限を定めた費用を提供することができます。

● オープンソース」のアプローチ: 一般的な法律事務所は、コンサルタントネットワークを構築し、実践営業で収集した資料を保管しています。法律事務所の資料のほとんど(あるいはすべて)は公開されませんが、将来の類似業務に使用されます。この伝統的なやり方は法律事務所の効率や利益を向上させることができます。しかし、VN Lawは新しいアプローチ方法を持っています。機密情報を取り除いた後、過去のコンサルタントの話題、参考資料をある程度公開し、クライアントと蓄積してきた法的知識を共有しています。自らの問題を解決するために弁護士へ依頼するのではなく、当事務所の無料ブログを閲覧したり、当事務所の出版物を使ったりして頂くことで、専門の法律事務所への依頼費用に比べ、費用負担を安く抑えられるのでお勧めしております。

3.  事務所のサービス

VN Lawはクライアントに次の分野に関しコンサルティングを提供しています。当事務所の成長により今後取り扱う新規分野については、最新情報を更新致しますのでご覧ください。   

3.1.   実績     

3.1.1.        買収・合併

当事務所の弁護士は、株式・ベンチャーキャピタル・資産の売買取引、合併取引など、ベトナムで初となる買収、合併取引に関わるコンサルティングを実施しています。下記はこれまでの取り扱い業績です。

● ベトナム最大級の映画会社Galaxy Studioの株式40%の購入におけるGolden Screen Cinemaのためのコンサルティング。

● ベトナム最大級のナプキン用品製造会社の一つであるDiana株式会社の株式95%の購入における、Unicharm Corporationのためのコンサルティング。この取引は「The Asset」誌から2011年度の代表的なM&A取引として表彰を受けました。

● ベトナムのロジスティック会社であるVinafco株式会社の35%株式購入における、The Shibusawa Warehouseのためのコンサルティング。

● 非中核事業からの資本引き上げにおける、大手の国家商業株式銀行のためのコンサルティング。

● ベトナム国営繊維企業グループ(Vinatex)の戦略的な株式の購入における、Vingroupのためのコンサルティング。

● ベトナムの四大国有銀行の一つである銀行及びベトナムの大手ガス商社の戦略投資家になるための入札において、外国投資家のためのコンサルティング。

● ハノイビール会社が民営化された際、株の購入及び戦略株主になるため、Carlsbergのためのコンサルティング。

● ベトナムの最大保険公社であるBao Vietグループが2007年に民営化された際、登記資本金の10%を、更に2009年に同社の新株式8%を購入したHSBC Insuranceのためのコンサルティング。二つの取引合計金額は35400万米ドル。この個別売却取引はM&Aベトナムフォーラムにより、20092013年期で最も成功した取引として評価されました。

● 石油ガス金融会社(PVFC)の株式10%を購入したMorgan Stanleyのためのコンサルティング。取引金額は21500万米ドル。 

● 民営化されることになったMobifoneの株式購入可能性調査における、ヨーロッパの通信会社のためのコンサルティング。

● Cam Phaセメント会社の株主であるVinaconexの過半数の株式を購入することにおける、マレーシアの投資家のためのコンサルティング。

● ベトナムの大手建設資材会社であるPrimeグループの85%の株式購入における、タイの投資家であるSCGグループのためのコンサルティング。

● ACBアジア商業株式銀行及びSacombankサイゴン商信株式商業銀行の株式購入における、外国戦略株主のためのコンサルティング。

● ベトナムの最大不動産グループを形成するための合併において、ハノイとニャチャンに本社を置く二つの不動産会社のためのコンサルティング。

3.1.2.  企業及び商業  

当事務所は外国投資家に対し、ベトナムにおける投資、経営に関するコンサルティングを提供しています。下記は当事務所の実績です。

● 経営権、ベトナム企業との合弁における、二つの日本の大手総合商社のためのコンサルティング。

● ベトナムでの事業活動に関する、日本の飲料会社のためのコンサルティング。

● 会社の社長又は幹部の責任に関する、各銀行や保険会社及び外国投資家のためのコンサルティング。

● ホテル管理契約に関する、不動産開発会社のためのコンサルティング。

● ベトナム中部地域の2件の石炭発電プロジェクトとの石炭売買契約や長期石炭輸送契約に関する、石炭会社のためのコンサルティング。

● ベトナムにおける海運、ロジスティクス、営業権について、デンマーク大手運送、ロジスティクス会社のためのコンサルティング。

● 大きな株主との紛争解決において、ホーチミン市証券取引所に上場した銀行のためのコンサルティング。これはプロキシファイト(Proxy fight)の形式による企業買収に関る紛争の一つです。

● ベトナムでの事業活動における、ドイツの医薬品会社のためのコンサルティング。

● ベトナムにおけるCDM(クリーン開発メカニズム)売買について、ドイツの会社のためのコンサルティング。

● ベトナム契約法について、ドイツの大手メーカーとマレーシアの石油会社のためのコンサルティング。

● 債務再編成について、ハイフォン市における鉄鋼会社のためのコンサルティング。

● ベトナムにおける競争法及び経済集中について、投資家のためのコンサルティング。

3.1.3.  企業コンプライアンス環境および労働に関するコンサルティング 

ベトナムで営む企業は、登記証明書、営業資格、健康・安全・環境・工事・消防・製品品質など、数多くの法令を遵守しなければならない。ベトナムでは、汚職と贈収賄が一般的な課題となっているため、連邦海外腐敗行為防止法のコンプライアンス(FCPA compliance)がより煩雑化しています。2015年度の刑法の発効によって、法人に刑事責任を適用することがはじめて認められました。このため、労働や環境に関する法令をはじめ法令遵守の需要がその重要性を増しています。

事務所の弁護士は外国投資家に対し、ベトナムにおける環境、労働分野の法令遵守やそれらを遵守する会社目標を審査する面でもコンサルティングを行っており、この分野において優れたコンサルティング能力を持っています。

事務所の同分野における実績は下記のとおりです。

● 米国や日本の企業・投資家に対し、国家機関、公務員、国営企業の職員とやり取りする又は接触する際、連邦海外腐敗行為防止法を遵守するためのコンサルティング。

● 環境の調査・審査に関し、政府関係機関とのやり取りにおいて、外国投資家のためのコンサルティング。

● 国際市場向けの株式発行やシンガポール証券取引所に上場しようとするベトナム最大不動産会社の詳細審査を行いました。

● 外国投資家が株式を購入し、戦略株主になるために、ベトナムの株式銀行、保険会社、不動産会社、証券会社の詳細審査をしました。

● 国内・輸入の石炭を使用する火力発電所を開発・建設・運営するため、ライセンス申請と必要な許可書の申請に関するコンサルティングを行いました。

● ベトナムにおいて子会社から他の子会社に社員を転職させることについて、日本の会社のためのコンサルティングを行いました。

3.2.   部門別  

3.2.1.  消費製品   

当事務所は世界とベトナムの一流ブランド消費製品会社にコンサルティングを提供しています。これらのコンサルティングは生産、商標、製品責任、競争、流通、合弁など、ブランド消費製品会社の事業に関わっています。

下記は当事務所の消費製品業界における実績です。

● ベトナム最大級の映画会社「Galaxy Studio」への出資におけるGolden Screen Cinemaのためのコンサルティング。

● ナプキン生産・流通分野でベトナムのトップ企業であるDiana株式会社の95%の株式を購入するUnicharm Corporationのためのコンサルティング。

● ベトナム縫製合弁会社の日本出資者から合弁相手の株式を購入する日本商社のためのコンサルティング。

● ベトナム北部最大のビール会社であるハノイビール会社の17%の株式を購入するCarlsbergのためのコンサルティング。

● ベトナムにおいて医薬品の販売を営むアメリカの製薬会社のためのコンサルティング。

● 経営における外貨について、アメリカの大手消費製品メーカーのためのコンサルティング。

● ベトナムでの事業活動に関する、日本の大手飲料会社のためのコンサルティング。

3.2.2.  エネルギー、鉱業、インフラ開発

ここ数年、ベトナムにおいて、エネルギー、鉱業、インフラ開発への投資はますます増えてきました。発電プロジェクトのコンサルティングに従事し、経験を積んでいる当事務所の弁護士は、各地方のエネルギーやインフラ開発プロジェクトについて詳しく理解しています。

下記は当事務所がコンサルティングを提供したエネルギー、鉱業、インフラ開発のプロジェクトです。

● ベトナム南部におけるガス田開発に参加するアメリカ大手石油会社のためのコンサルティング。

● 油田開発において、ベトナムで2番目に大きい油田を運営する合弁会社のためのコンサルティング。

● ベトナム石油ガスグループのガス売買契約を保証する政府の誓約書の作成について、韓国の石油会社のためのコンサルティング。

● ハティン省及びビントゥアン省における石炭火力発電所建設を実施する会社設立について、外国主要株主のためのコンサルティング。

● ベトナムにおける最大石炭火力発電所のBOTプロジェクトを実施する会社のためのコンサルティング。

● ベトナムの北部タイグエン省における希少金属採掘プロジェクトの再編成において、外国投資家のインフラ開発ファンドのためのコンサルティング。

● Song Da CorporationのラオスにおけるXekaman水力発電所プロジェクトの株式を購入するアメリカ投資家のためのコンサルティング。

● ベトナムのCDM売買取引において、ドイツ電気会社のためのコンサルティング。

● Petro Vietnam の石炭火力発電所プロジェクトにおける株式購入の商談において、タイの電気会社のためのコンサルティング。

● ベトナムガス公社の株式購入の入札において、タイの石油ガス会社のためのコンサルティング。

● ベトナムの南部におけるガスパイプラインとガス田を所有する他の外資系石油会社の株式購入において、ロシア石油ガス会社のための詳細審査や法律コンサルティング。 

● ベトナム中部における年間能力800万トンの石油精製プロジェクトのためのコンサルティング。

● Cai Mep 港建設に向けたVinalinesとの合弁会社設立において、外国投資家のためのコンサルティング。

● ベトナムにおける国際コンテナ深水港を開発する会社のためのコンサルティング。

3.2.3.  金融投資家  

投資法、企業法が2005年に公布され、ベトナムが世界貿易機構WTOに加盟した後、ベトナム民間投資(private equity)が活気を呈してきました。ベトナムの初期の民間投資事業を通じて当事務所の弁護士は金融投資家のニーズをよく理解し、ベトナム企業と外国投資家との間の架け橋としてのサービスを提供することができます。

当事務所はベトナムの一流企業の買収において、金融組織、投資ファンド、投資銀行、保険会社、証券会社のためのコンサルティングを行っています。下記はその実績です。

● Bao Viet 保険グループが2007年民営化された際、登記資本金の10%を、更に2009年に同社の新株式8%を購入したHSBC Insuranceのためのコンサルティング。二つの取引合計金額は3億5400万米ドル。

● 石油ガス金融会社(PVFC)の株式10%を購入したMorgan Stanleyのためのコンサルティング。これは大手国営企業の民営化において成功した2番目の取引で、金額は2億1500万米ドルです。 

● ベトナム貿易銀行(Vietcombank)の民営化において、アメリカの投資銀行のVietcombankへの投資調査のためのコンサルティング。                  

● ベトナム石油ガス保険会社の戦略株主になるため、アメリカの大手投資ファンドのためのコンサルティング。

● (1)サイゴン商信株式商業銀行(Sacombank)の株式購入 (2)アジア商業株式銀行(ACB)の株式を購入することにおいて、国際金融会社のためのコンサルティング。

● 情報技術、通信、商売大手会社FPTの株式を購入することにおいて、アメリカの二つの投資ファンドのためのコンサルティング。

● Sacombank銀行の10%の株式を購入することにおいて、ANZ銀行のためのコンサルティング。

● ハノイやハイフォンにおける不動産プロジェクトへの出資、株式を購入することにおいて、外資系生命保険会社のためのコンサルティング。

● Diana株式会社の株式を購入することにおいて、アメリカの投資銀行のためのコンサルティング。

● ベトナムのファンドマネジメント会社の株式を購入することにおいて、アメリカの投資ファンドのためのコンサルティング。

● ベトナムにおける技術・流通会社であるCMCグループの株式を購入する予定において、アメリカの投資ファンドのためのコンサルティング。

● ベトナムでマルチ事業を営み、ベトナムの最大食品企業であるMasanグループの株式購入の交渉において、アメリカの投資ファンドのためのコンサルティング。

● 東アジア株式銀行(EAB)の株式を購入することにおいて、アメリカの銀行の詳細審査のためのコンサルティング。

● ホーチミン市証券取引所に上場するロジスティクス、運送代理会社の株式を購入することにおいて、シンガポールの投資会社のためのコンサルティング。

● FPT証券会社への投資において、日本の証券会社のためのコンサルティング。

● シンガポールの金融会社に株式を売却するため、アンザン省に本社を置く株式銀行のためのコンサルティング。

Pacific Airlinesへの投資交渉において、シンガポールの投資会社のためのコンサルティング。

3.2.4.  ロジスティクス・小売

貿易はベトナムの経済にとって重要な役割を果たしています。ベトナムには収入が増えつつある若年層が多いため、ロジスティクス、小売業の企業にとって魅力的な市場になっています。当事務所はWTO約束表、市場加入条件、外国法人所有制限、合弁会社とその事業範囲など外国投資家のためのベトナムにおけるロジスティクス、小売業に関するコンサルティングを提供しています。

● UpCom市場に取引登録されたロジスティック会社であるVinafcoに出資するThe Shibusawa Warehouse のためのコンサルティング。

● 国内速達会社であるEMSと合弁するUPSのためのコンサルティング。

● ホーチミン証券取引所に上場したロジスティック会社の大半株式の購入を検討する韓国投資家のためのコンサルティング。

● 欧州・ベトナムアーリーハーベスト協定に基づいて設立するロジスティック・航海サービスの子会社の設立・活動に関する、欧州のロジスティック・航海企業グループのためのコンサルティング。

● 輸入や小売分野への投資活動における、各外国投資家のためのコンサルティング。

3.2.5.  不動産

不動産はベトナム国民や投資家の一番大切な財産の一つです。当事務所はベトナム最大級の不動産プロジェクトの投資家、オーナーのための直接コンサルティングを提供しています。以下は当事務所が参与した不動産業プロジェクトです。

● シンガポール証券取引所への上場計画、ジャンク債の発行、ベトナム国営繊維企業グループへの出資、アパートの分譲体制、インフラ立ち退きに関するベトナム最大不動産グループであるVingroupに対するコンサルティング。

● ハオフォン市におけるサービスアパート建設プロジェクトにおいて、日本の会社のためのコンサルティング。

● Inter-Continentalグループにより管理されているハノイのホテル建設プロジェクトへの投資資金を調達することにおいて、マレーシアの投資家のためのコンサルティング。

● (1)ハノイにおけるオフィスビル、マンションプロジェクトを営む外国投資家の大部分の株式を購入すること、(2)ハイフォン市において商業センター、マンションのプロジェクトを行う企業の株式を購入することにおいて、外資系生命保険会社のためのコンサルティング。

● ハノイにおける不動産プロジェクトにおいて、ハノイに本社を置く株式銀行のためのコンサルティング。

● ハノイにおける不動産合弁会社の設立において、シンガポールの不動産会社のためのコンサルティング。

3.2.6.  通信・テクノロジー  

ベトナムにはインターネット、携帯電話を利用する若者の割合が高く、ここ数年来、通信・テクノロジー産業は高い成長率を遂げてきました。当事務所はこれらの部門に多く参与しました。さらに、商売、法律の遵守、金融、知的財産権についての経験を積んできました。

通信・テクノロジーにおける当事務所の実績は下記のとおりです。             

● アジアの大手メッセンジャーアプリを所有する会社のためのコンサルティングや、メッセンジャーサービス、ソーシャルネットワーク及びプライバシーの関連規定に関するコンサルティング。

● 民営化されることになったMobifoneへの投資可能性調査において、ヨーロッパの通信会社のためのコンサルティング。

● ベトナム電力公社傘下の通信電力会社(EVN Telecom)の大部分の株式購入を予定することにおいて、FPTのためのコンサルティング

● 自社のベトナムにおける事業再編成において、アメリカの通信会社のためのコンサルティング。

● ベトナムにおける携帯電話ネットワークへの投資、運営について、香港の通信会社のためのコンサルティング。

● 民営化されることになったMobifoneの金融コンサルティング入札について、アメリカの投資銀行のためのコンサルティング。

● ベトナムの一流オンラインゲーム会社へ投資において、アメリカの投資銀行のためのコンサルティング。

3.3.   国際協力 

ベトナムにおける独立の事務所として、当法律事務所は、国際取引の経験が多く、ベトナムのクライアントにサービスを提供する外国法律コンサルティング会社との提携能力を持っています。外国法律コンサルティング会社との協力においては、地域ごとの時差を問わない営業を行い、クライアントの問い合わせに随時対応し、納期を正確に守り、且つ予算範囲内にてコンサルティングを提供すべきだと認識しています。

当事務所の弁護士はイギリスのFreshfields Bruckhaus DeringerClifford Chance、日本のMori Hamada Matsumotoなど、外国の法律コンサルティング会社との取引経験をもっています。

外国法律コンサルティング会社との協力の形態は下記の通りです。

● ベトナム法律コンサルティング: ベトナム法律の諸問題についてアドバイスやコンサルティングを提供します。

● 詳細審査: ベトナムの会社について法的詳細審査を行うことができます。

● 知識交流: ベトナム法律や地域問題についてのトレーニング、広報、出版における共同事業を行うことができます。

● 人材交流: ベトナム法律を研究したいまたはコンサルティングを提供したい外国法律コンサルティング会社の弁護士を受け入れることができます。

4.   お問い合わせ

Nguyen Quang Vuグエン・クアン・ヴ)

マネージングパートナー

11階、Geleximcoビル、36ホアンカウー街、ドンダー区、ハノイ、ベトナム

電話番号:+84 4 3996 5705

contact@vnlaw.com.vn

www.vnlaw.com.vn